2010年8月11日水曜日

きものと私

こんにちは、代表講師の青木和美です。

この前、生徒さんから着物好きですね~と言われて、ふっと、思い出しました。
昔は、あまり着物を着ようとか、着物がほし~いとか思わなかったのになぁ・・・。

母の影響かな・・・。

着物好きの母に連れられ、よく呉服屋さん巡りをしていました。
きものは、雅で魅かれていましたが、いざ着るとなると窮屈感と苦しさを覚悟していました。

そんな私が着付講師となったのは、母が私のために用意した着物をタンスで眠らせていては申し訳ないと思い、我流で着たのが始まりでした。
確かに、最初はズルズルと帯が落ちたり、着崩れたりと苦戦の日々を過ごしていました。
それが、着こなすコツを知ってからは、着物が窮屈で苦しいものだと言う事さえ忘れていました。

不思議なものです。
今では、着物は、普段着のバリエーションとなり、気軽に着て、講義に・お出かけにと重宝しています。
みなさんも一緒に着物を楽しみましょう。

夏休みが終わったら『きものでランチ!』を企画しようと思います。
まずは、着物を着て一緒に出かけましょう。
上達の近道は、着る機会を増やすことです。

さぁ、出かけましょう。

美和きもの教室にもどる
あいはな農園に移動
ダッチオーブン日記に移動

2 件のコメント:

mika さんのコメント...

一緒にいると、本当に青木さんは着物が好きなんだなあっていつも思います。
そのおかげで、私も着物が好きになれたし、着るだけじゃなくていろいろ勉強したいって思えるようになりました。
これからもよろしく!
ランチ企画、楽しみです~

きもの好き さんのコメント...

mikaさん、こんにちは。

お盆も過ぎたのに暑い日が続きます。
うれしいコメントをありがとうございます。

私もmikaさんが、着物の事をいろいろ勉強できるように頑張ります。

『きものを着てみよう!』コースでは、主にご自身で着れる事を目的として構成しています。
着ることができても、着物の集いなどで着物の会話が出来なければ、ちょっと不安かも?

そんな事が無いように、認定試験の問題を作成しています。安心してね。
認定試験は、筆記と実技(時間制限)を行います。
試験の時は、ちょっときびしいかも?

がんばろうね。

こんな風に見えて? 知識も必要なんですよ。(笑)